強者、弱者、健常者、病人。夫との会話より。

夫の言葉1つ1つに悪意はないとわかっていつつも、それに過剰反応して逐一傷つく自分がめんどうくさい。

 

どうしてこうも、わたしは言葉のニュアンスひとつで心が闇の方に動いてしまうんだろうなあ。

 

今日の夫とのラインは、

『いよいよになったらあなたは私を見捨てる権利がある』とか、

『わたしは結婚する前にしんどくべきだったのかな』っていう話ばかりになってしまった。

 

それでもわたしにはプライドがあるから、忍耐強く対話を続けていくつもり。

 

…わたしの夫の母は鬱病歴30年。

 

入院しては退院して、の繰り返しの30年だったそうで、幼少期の夫の寂しさは相当なものだったのだと受け止めている。

 

そんな自身の母とわたしを照らし合わせて、夫はこんなことを言った。

 

『我が家は母親で既に一度救い出しに失敗してるから、雨をこのままずぶずぶいかせないようにするのは僕の義務だと思っている。』

 

だって。

 

わたしからしてみれば、夫の母は彼女なりに懸命に生きていて、

その生き様はとても美しくみえて、とても『救い出しに失敗した』ようには見えないのに。

 

わたしや夫の母は本当に弱者なの?

 

『改善』しなければ、わたしはあなたのそばにいる価値がないのだろうか?